日常つれづれ

ゆるく糖質制限・リーンゲインズ&血糖を制する者が人生を制す!?

こんばんは。

シンプリストとなり、自分のエネルギー・時間・お金を最大限に活かすことで人を幸せにして、最終的に自分がめっちゃ幸せになることを夢想する双極精神科医・まつさく(@sakura_tnh)です。

今日の夕食はにいやん特製肉じゃがでした!

昨夜私が寝てから仕込んでくれていたので、味が沁みてうまうまでしたよ。

人が作ってくれたごはんってより美味しく幸せに感じませんか??

今までは女性・母親である自分が作るべきだと思いこんでいましたが、別に男性・父親のにいやんが作っても何の問題もないですよね。

いろんな思い込みに囚われていたことを、一つ一つ思い込みを手放してみて実感する次第です。

世の食事作りを担っているおそらく少数派の男性たちに、あなたは単なる夕食ではなくて家族の幸せを作っているんだよと言いたいです。

いつもありがと~~\(*^▽^)/

リーンゲインズダイエットについて。

今日は前回に引き続き、私のダイエットの話です。

※私の体験だけに基づいた記載もありますので、そこはうのみにせず参考程度にしてください。

「低糖質」「リーンゲインズ」を2つの柱にしていると書きました。

聞きなれない方もいると思いますので、まずはその定義を確認しましょう。

リーンゲインズは、短時間の断食を取り入れたダイエット法で、食事を摂る時間と全く摂らない時間を決めて、そのサイクルを繰り返します。
食事を摂る時間として8時間の枠を設定し(女性の場合は10時間)、残りの16時間はまったくカロリーを摂らないようにします。

参考:リーンゲインズとは?

特に細かい時間の指定は無いので、私は10~20時の間に主に食べるようにしています。

朝を抜く形が一番やりやすいかなと思います。

「ゆる」リーンゲインズなので、起床後~10時の間も少しナッツをつまんだりはします。

10時まで(仕事の日は12時まで)全く摂らない日もたま~にありますが、生理前など女性の場合はホルモンバランスの変化で食欲が湧いてしまうこともあるので、あくまでゆるくです。

ガチガチにルール設定すると挫折しやすく、少々のリカバリー可能な飲食も許せなくなってつらいので。

ダイエットを続けるにおいて、それを優先するあまりに人間関係がギクシャクするのは本末転倒なので、糖質も飲食タイミングも以下のようなケースは許容しています。

糖質、時間帯を許容するケース

・家族で朝から外出して、10時より前にお気に入りのパン屋さんでそれぞれパンを食べる。
・にいやんがスペシャルなおやつを買って帰ってきてくれたとき、寝かしつけ後に一緒に食べる。
・ママ友さんや職場の人に美味しいおやつをいただいたとき、糖質タップリでもありがたくいただく。
・子どもがおにぎりを「ママこれちょっとどーじょ!」と言ってきたときのひとくち。
・お祭りや誕生日などのイベント時に遭遇する糖質のカタマリたち。
・当直中のチョコレート。

あれ??
なんか許容しすぎじゃない??

いやはや(・。・;)

もちろん、こんな日ばっかりが続くとさすがにペースが崩れてしまいますが、1日こんな日があっても翌日・翌々日までにリカバーすれば大ごとには至らないで済みます。

意思力の話になりますが、頑張ってダイエットを始めたのに途中でひとくち制限していたモノを口にすると突然投げやりになってタガが外れたように食べまくってしまうことがあります。

ダイエットを始める前には単純に「体重を○キロ減らす!」と決めるのではなく、

理想の体型になったら、どんな髪型にして、どんな服を着て、どんな楽しいことをするのか

具体的にイメージします。

イメージするだけでなく、できれば紙に書き出してそれを家の中の見えるところに貼り出します。

タガが外れそうになったときにそのイメージを思い出します。

長期的に自分は何をしたいのか、今ここで誘惑に負けることは本望なのか、自分に問います。

ある日、ルールが崩れても、それでおしまいだと思わないこと。

ゆるく過ごしたのが一日なら翌日、翌々日までで帳尻を合わせます。

血糖を制する者が人生を制す!?

現代人にとって血糖コントロールが一日の質を、さらには人生の質を左右すると言っても過言ではないなと思っています。

食事内容を低糖質にし、ジャンクフードは普段食べず、朝は少しナッツを摂るくらいに留めておくと、頭が冴えていろんな作業がはかどります。

今は起床後に整理収納の勉強をしていますが、サクサク問題アプリが進みます。

「朝から食べないと頭が働かない」とずっと思っていましたが、今は逆の考えになっています。
(成長期の子どもは1食抜くとトータルのエネルギーが不足するので勧めません)

モノを噛むとセロトニンが出るので、しっかりした食事をしない場合は起床後にガムを噛むのはアリかなと思います。
(今のところ試していません)

たまに昼食にがっつり炭水化物を摂ると、血糖値が上がり眠気が出て、午後からの仕事のパフォーマンスが低下すると感じます。

お昼はたんぱく質中心のお弁当、もしくは用意ができなかったらチーズ、サラダチキン、サラダと少しの炭水化物(7分づきのおにぎり)を摂ります。

糖質のトータル量も注意ですが、それよりも血糖の急な上昇を防ぐことが肥満を避けるポイントとなるので、

たんぱく質(科学的根拠に基づくなら鶏肉推奨)や良質な脂質(オリーブ油、アマニ油、えごま油など)、野菜(根菜は少なめに)を先に摂り、その後(できれば茶色い)炭水化物を食べるのがいいですね。

おやつは、チーズやナッツ、にぼしなどがメインです。
(とか言って、ときにポテチやプリンも食べてますけど^^)

もちろん人によって体質の違い、合う合わないがありますので、今の食生活、食事内容でとっても健康だと考えている方に無理に勧めるものではありません。

あくまで私が試していて、継続できていて少しずつ効果も出てきている方法です。

血糖コントロールをするにおいて画期的な秘密兵器をGETしたので、また報告します!!

\ フォローはこちらから /



follow us in feedly にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
記事が気に入ってもらえたら下部のシェアボタンをポチっとしてください☆