双極性障害

煩悩断捨離6日目の報告&手放すことに抵抗のある人は無理しないで。

こんばんは。

シンプリストとなり、自分のエネルギー・時間・お金を最大限に活かすことで人を幸せにして、最終的に自分がめっちゃ幸せになることを夢想する双極精神科医・まつさく(@sakura_tnh)です。

今日も頭の中のボンヤー感に参りながらもなんとか夜まで過ごせました。

にいやんは私のメンタルの状態に波があることと、その際にアカン振る舞いになってしまうことを理解してくれています。

なので、申し訳ないながらもお世話になっている次第です。

ですが、チビたちに関しては、私の気分に波があるなんて理解できませんし、単に「ママなんだかおかしいな」と感じるくらいかと思います。

仕事場と同様、子どもたちの前でも「心配させる」、「不安にさせる」ような振る舞いはしないよう気を付けたいと思います。

※産前~最近まで内服なしでなんとか来れていますので、私の病状は双極Ⅱ型障害の方の中でも軽度な方であると思われます。病状によってはこのように振る舞えないことももちろんありますので、比べて気にされないでください。

さてさて、今日で6日目となった煩悩断捨離企画。

参考:煩悩断捨離2日目の報告&子どものモノで断捨離効果絶大なモノとは?

参加くださっているしぃたけさんはオフィスの引っ越しを機に断捨離をして多数の書類とサヨナラされたそうです。

結果、ご自身の持ち物はほぼPCのみに(*´Д`)

環境スッキリ=脳内スッキリ

今後、お仕事は捗り、ナイスなアイデアもドンドン湧いてくることかと思います。

何かやってみたいな~。
自分に変化を起こしたいな~。

などと感じている方はまず一つ手放すことから始めてみましょう(*^^*)

私の煩悩断捨離☆

私の3日目~6日目の作業記録です。

明日以降もぼちぼちやっていきます☆

無理に断捨離する必要は全くない。

「断捨離」「整理収納」「シンプルライフ」「ミニマリスト」などのワードを、以前に比べてネット上でよく見るようになりました。

世の中の流れ、価値観の移行によりこういった傾向が出てくることは必然であると感じますが、それらに乗っかれない、受け入れにくい、価値観と合わない、などと感じる人もいます。

震災でモノを失うなど、辛い体験を機に「モノを手放すこと」を前向きに捉えられなくなることも考えられます。

そのような方にとっては「モノを手放すこと」「スッキリした環境に住まうこと」「思考もシンプル化する」などということは急いで取り組むことでは全くないので、

時を経て、心の傷が癒えて、もしくはその過程で、自分の気持ちを前に進めるための手段としたいと思えたときに初めてトライしていけばいいと思います。

\ フォローはこちらから /



follow us in feedly にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
記事が気に入ってもらえたら下部のシェアボタンをポチっとしてください☆