ニュース、話題のモノ・コト

自殺予防週間に思うこと&あなたもそばにいる誰かを支えてほしい。

こんばんは。

シンプリストとなり、自分のエネルギー・時間・お金を最大限に活かすことで人を幸せにして、最終的に自分がめっちゃ幸せになることを夢想する双極精神科医・まつさく(@sakura_tnh)です。

今日は仕事絡みでなくても伝えたい「自殺」の話です。

書く前に考えすぎて時間が無くなったので文章の推敲ができていません、すみません。

本日9月10日から9月16日は「自殺予防週間」です。

参考:自殺予防週間

SNSやニュースなどで目にした方も多いかもしれません。

自殺者は年間3万人を超えていた一時の状況からすると、H29年度で21,321人と厚労省などの自殺対策も功を奏しているのか年々減少してきてはいます。

参考:厚生労働省の自殺対策ページ

それでも

2万人超の人が自ら命を絶っている

という厳然たる事実があります。

精神科医療に関わる身としてはこの数字に重みを感じますし、また、以前「死にたい」「消えたい」と思い過ごしていた経験があるので、両方向から色々考えます。

精神面が回復し安定してきたことを機に、少し前にこのブログを立ち上げ、以前ネガティブなことを書き綴っていたブログはほとんどの記事を削除しましたが、過去記事を見ると、少なくとも4年前までは、表面的に「大丈夫な人」を取り繕って生きていたようです。

過去記事:一生解消されないと思うこと&こんなやつよりは楽しい人生送ってる。
(旧ブログはややバグっているので読みづらかったらすみません)

私のどん底期の状態よりずっと厳しい状態、病状、環境におられる方が多数おられることは分かった上で書いておりますので、ご容赦ください。

今日のTwitterで書いたこと。

私にとって拠りどころとなる存在は夫のにいやんです。

人生で最も打ちのめされた時期に現れて、史上最強にめんどくさい人間と成り果てていた私に寄り添ってくれたにいやん。

そしてまたにいやんも私を拠りどころにしてくれていると思います。

にいやんについてのtweet。

詳しくは書きませんが、にいやんは生まれたときすでに父親が亡くなっていて、母親は生活に必死でほぼにいやんをかまわず。祖父母が主に面倒を見ていましたが、夕食後は祖父母は別室で過ごし、母親は仕事から帰ると自室へ。

にいやんは幼いころから、少なくとも小学1年生時には1人で夜を過ごしていたようです。

さみしくて、寝るときは祖母の布団に潜り込んでいたそう。

日本昔ばなしのエンディング曲って、出てくる動物たちがほのぼのしていてホッコリしたイメージしかなかったので、今日のにいやんの発言にはズキンと胸が痛みました。

一方の私は、ド田舎で育ちましたが、両親は自営業をしていて経済的には恵まれた方だったと思います。

よく旅行に行ったりもしていて、表面上は仲の良い家族に見えたかもしれません。

父親は母親に対し、しばしばきつく当たり、作ったごはんを無視してカップ麺を食べる、容姿や性格を貶めるようなことを言う、仕事をサボり力仕事も母にさせる、相談なしに勝手に車などの高額な買い物をしてくるなどしていました。

今で言うところのモラルハラスメントの要素満載でした。

私は自分がいない場面で母が父にひどいことを言われないか気にし、また、自分が道化の役割をすることでなんとか険悪な雰囲気にならないよう振る舞っていました。

夫婦お互い、育った家庭に問題があり、世の中のよりハードな環境で育った方に比べれば大したことは無いかもしれませんが、それが人格形成に影響を与えたことは間違いありません。

そして私は研修医時代に、にいやんは病院の事務をしていた時に精神を病みました。

過去がどうであれ、今の自分が「そうしたい」「こうなりたい」という考え方、生き方を選択すればいい。
今の自分の志向、振る舞いは自分でそう選んでいること。

正論なんですが、過去からの影響を振り払うまでには時間もエネルギーも相当要したように感じます。

良く生きるための力であり、カギとなる「素直さ」が自分の中のどこを探しても以前は見つかりませんでした。

にいやんに拾ってもらって、すぐに回復できたわけではなく、ここまで8年を要しました。

今も病んでいた自分が心のうちに住んでいて、ちょっとしたきっかけで顔を出そうとしてきます。

でも、にいやんの存在が私の回復を支えてくれたのは間違いなく、賑やかな家族が欲しいというにいやんの希望に私が寄り添えたのも事実です。

「拠りどころとなる人が一人もいない」

という人は、

本当はそんな存在が周りにいるのに認識できていないかもしれません。
「しんどい」「助けてほしい」と言える「素直さ」を失っているのかもしれません。

まず、その視点で周囲をよく見てもらい、本当に身近に頼れる人がいないなら、相談の窓口、医療機関に来てください。もしくは電話やメール、ラインで相談してください。

このまま生きる方がつらい。
死ぬのは自由、尊重されること。

そう思われる人がたくさんいることも分かっていますし、深く介入できないなら関わらないという意見も分かります。

でも、「ずっと一生このままだ」と色んなことを呪って生きていた自分が別の生き方を選び取りつつある今、思います。

余計なお世話とでも何とでも言われていい。自殺という道はあなたにふさわしくないから選ばないでほしい。

生きて、かっこ悪くても、歩みは遅くても、やりたいことをやる道を選びとってほしいです。

何年かかるか分かりませんが、その積み重ねの先に今見えていないものが必ずあります。

そして、今、精神的に健康でいる人にはぜひゲートキーパーになってほしいです。

「ゲートキーパー」とは、自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人のことで、言わば「命の門番」とも位置付けられる人のことです。

「あなたが誰かに支えられているように、あなたも誰かの支えになれますように。」

\ フォローはこちらから /



follow us in feedly にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
記事が気に入ってもらえたら下部のシェアボタンをポチっとしてください☆