目指せシンプリスト

思考のシンプル化&5秒で決めても30分で決めても結果は同じなら?

こんばんは。

シンプリストとなり、自分のエネルギー・時間・お金を最大限に活かすことで人を幸せにして、最終的に自分がめっちゃ幸せになることを夢想する双極精神科医・まつさく(@sakura_tnh)です。

今日の寝かしつけは、上の子にい太が「寝ない寝ない!」と泣きわめき、下の子にい助も「キィーッ!!」「フンギャーッ!!」と抵抗し、難易度高めでした(汗)。

ちなみに今はにいやんとにい太がセット、私とにい助がセットで別々に寝ています。

このあと朝まで平和でありますように(;’∀’)

時間をかければ良い判断ができるのだろうか?

前回、時間の使い方で重要視する点で「判断に時間をかけないこと」をあげましたが、何事もじっくり考えた方がよりよい答え、判断を導けそうな気がしませんか?

私も熟考すればそれだけの価値があると思っていたのですが、実はそうでもないんです。

これはチェスの話ですが、次の一手を考える際、5秒で出した答えと30分じっくり考えて出した答えの86%は一致するとの研究結果があります。

熟考してもパッと直感で判断しても9割近く、結果は同じということです。

それなら「ああしようかな、やっぱりやめとこうかな」「Aをすべきだろうか、いや、Bをすべきか」等と30分、1時間かけることより、「とりあえずこうしてみようかな!」「まずはAでやってみよう!」と判断して行動に移すことの方が大事だと思えます。

この直感での判断で良い方向に進んだ3つのこと。

私は整理収納アドバイザー2級講座の申し込みの際に、なんとなく講座の日程を検索していて、日帰りで行けるところでの開催、しかも動かせない用事が入っていないのを確認して、ほぼほぼ即時に申し込みしていました。

さらに、断捨離の資格なんてあるのかな~と検索していたところ、断捨離の動画の申し込みサイトに行きつき、その費用に一瞬たじろぎましたが、ほぼほぼ即時に申し込みしていました。

上記の件は、なんとなく「こんなことやりたいなぁ~」と考えていた素地があってのナイス案件登場!だったわけですが、5秒で出した答えで行動したところ、よりワクワクする展開になってきています。

もちろん、14%の確率で熟考した判断に勝てないかもしれませんが、生きている上で、大小合わせればそうとうな数の判断を人はしているので、直感に従った判断力を身につけることですごく時間に余裕ができますし、限りある意思力もムダにせずに済むと思います。

流行りの思考の断捨離、思考のシンプル化とも言えるでしょうね。

流行っていると書きましたが、たくさんの人が求めているからこそ、こういう情報が増えていますし、発信している人も増えているのだと思います。

私もそのうちの一人です。

判断に迷うときは、直感に従う。

たぶんそれは、「自分のワクワクすることを選びとっていくこと」に他ならないと思います。

何度もこの原則に従って判断することで、先ほどの一致率86%が100%に近付いていくのでしょう。

「5秒で決めても30分で決めても結果は同じ」

ウダウダ悩みそうになったら、このフレーズを思い出すようにしたいと思います。

\ フォローはこちらから /



follow us in feedly にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
記事が気に入ってもらえたら下部のシェアボタンをポチっとしてください☆