兵庫県三田市の心療内科・精神科ならさくらこころのクリニックへ

漢方診療

漢方診療

心の治療とお薬について
MEDICINE

病気の種類とお薬について

心の病気は種類によっては必ずしもお薬が必要なわけではありませんが、お薬が支えとなって、より早期に回復できる、日々のつらさや生活の困難がラクになる、再発が防げるなどのメリットがあります。

向精神薬と呼ばれる西洋薬はそのように有用な一方で、みなさんご存知の通り、とくに抗不安薬や睡眠薬といった種類のお薬では、飲み続けると同じ量では効かなくなる耐性の問題、長期の使用による依存の問題、飲むのを中断すると心身の症状が出る離脱症状の問題があります。
病気の種類とお薬について

お薬の副作用と漢方について

精神科のお薬に限らず、お薬に副作用はつきものです。
主作用と副作用を天秤にかけて、必要であれば使用することが合理的ですし、病気の種類によっては、長期の安定をはかるには西洋薬が欠かせない病気もあります。

そういった西洋薬が欠かせない病状でなければ、主に漢方薬を使った治療を提案します。

また、例えば、主となる病気には西洋薬が必要だけれど、月経前の落ち込みやイライラには漢方薬を使うなど、状況に応じた薬の使い方も可能です。
お薬の副作用と漢方について

漢方薬治療のメリットとデメリット
TREATMENT

漢方薬治療のメリット

精神疾患に使われる西洋薬の多くに「眠気」の副作用がありますが、漢方薬では基本的にはありません。
(睡眠に効果的な漢方薬を除いて)
次に、漢方薬を併用することで、西洋薬の量を減らせる、増やさずに済むメリットがあります。また、漢方薬は狙った症状だけでなく、複数の症状を改善することがあります。
前述のような西洋薬で見られる副作用はもちろん少ないですし、もし漢方薬が合わない場合や副作用が出た場合にも、減量や中断がしやすいこともメリットです。
漢方薬治療のメリット

漢方薬治療のデメリット

漢方薬での治療のデメリットとしては、ゆっくりと効果が出てくることが多く、即効性に欠けることです。 (頓服で使用する漢方薬もあります)
また、独特の風味があるため、苦手な人は飲めない場合もあります。

その人の体質に合った漢方薬は味も良く感じる傾向にありますので、受け付けない場合は薬が合っていない証拠かもしれません。

西洋薬は一日一回飲めばよいお薬が増えてきていますが、漢方薬ですと症状によっては一日に複数回飲むことが必要になるので、日々の手間が少し多くなるかもしれません。
漢方薬治療のデメリット

漢方治療に関するよくある質問
Q&A

  • Q 漢方薬は保険治療ですか?
    A 保険治療のエキス製剤を使用します。剤形としては、顆粒や細粒が主で、まれに錠剤もあります。西洋薬と併用することももちろん可能です。
  • Q 副作用はありますか?
    A 「漢方薬には副作用はない」と考えていらっしゃる方は多いと思います。 しかし、漢方薬には、偽性アルドステロン、間質性肺炎、肝機能障害、腸間膜静脈硬化症など、意外にも色々な副作用があります。 精神疾患では、エフェドリンを含む「麻黄」が統合失調症などに使われる抗精神病薬の効果を弱めてしまうことがあります。 麻黄は長期・大量の使用で依存のリスクもありますので、葛根湯や小青竜湯には注意が必要です。 当院では適正使用に努め、漢方薬メインに治療されている方にも定期的な採血や副作用の兆候がないかのチェックを行います。