兵庫県三田市の心療内科・精神科ならさくらこころのクリニックへ

ニュース

ニュース

心理カウンセリングの開始のお知らせ

2021/05/16
お知らせ
 今年は早い梅雨入りになりましたが、体調はいかがでしょうか?

 以前より、心理士によるカウンセリングについて問い合わせやご要望をいただけておりましたが、
その体制が整いましたので、ご報告させていただきます。

★当面は火曜のPM、木曜のAMがカウンセリングの時間となります。


<カウンセリングについて>

 こころの不調の根本的な解決や再発予防は、医師の診療だけでは難しいことがあります。 当院では、よりよい治療のため、患者さんのよりよい人生のために、希望される方にはカウンセリングをおすすめします。

 カウンセリングでは、ネガティブな感情や、まとまらない考え、こころに引っかかる違和感を、ゆったりした時間の中で、言葉にしていきます。こころの不調の背景にある、あなたが無意識に行っている考えのクセや行動のパターンに気づくことから始めます。それらをどう変えていけばラクになるのか、こころの不調を取り除けるのか、今後またしんどくならずにすむのかをカウンセラーと一緒に検討し、行動に移し、その結果を元に、また検討を重ねていきます。

< このような悩みをかかえていませんか? >

・職場の人間関係、親子関係、夫婦関係、友人やパートナーとの関係などの悩みを抱えている。
・勉強や仕事がうまくいかない。集団になじめない。不注意や忘れ物が多い。時間に間に合わない。
・事故や事件にあった、身近な人を失ったなど、ショッキングなことがあった。
・気分が落ち込む。悲しい。自分を責めてしまう。何も楽しめない。
・人前での緊張が強い。人前で話す時に声が震える。人と一緒に食事するのがつらい。
・電車やバスがこわくて乗ることができない。避けてしまう。
・安心して自分の気持ちを話せる場がほしい。ストレスがたまっていて、話を聞いてほしい。
・自分の状態をより深く理解し、成長したい。

< カウンセリングの目的 >

・ご本人の心の成長を促していくこと
・行動の変化や新しい可能性をもたらすこと
・新たな考え方、これまでとは違った見方を話し合うこと
・自己成長や自己解決力を高めること

 精神的につらいときは、対処法や解決策の答えを今すぐに与えてほしいと感じるかもしれません。しかし、カウンセラーはあくまで援助者で、回復の道を歩む主役はあなたです。カウンセラーはあなたが自身の問題を自身で解決できるようになるよう促していきます。

< 認知行動療法 (CBT) について >

 認知行動療法は、認知(現実の受け取り方・ものごとの見方)に働きかけてストレスを和らげる治療法です。日常で起こっている個々のストレスを認識し、それぞれの状況とその時々の感情の変化を振り返ることで、自分の考えのくせ(自動思考)を認識し、柔軟なものの見方に変えていく練習をしていきましょう。

< 発達特性にお悩みの方へ>

 WAISなどの心理検査を受けられた方を対象に、検査結果を元に、SST(社会スキルトレーニング)、時間管理トレーニング、仕事や家庭での具体的な困りごとの改善策を検討することなどを行います。セルフトレーニングの本は多数ありますが、一人での実践は難しいものです。一緒に困りごとを解決していきましょう。

< 夫婦や親子など、複数での参加希望の方へ >

 こころの悩みには対人関係の要素が少なからず関わるもの。夫婦、親子、友人、カップルなど、複数のメンバーが参加してのカウンセリングも可能です。主となる相談者が通院をしていることが条件となります。

< カウンセリング希望の方 >

・カウンセリングは医師の許可が必要ですので、希望の場合は診察の際にご相談ください。
・カウンセリングは自費となります。詳細は院内の掲示をご覧ください。
・当院に通院中の方が対象です。カウンセリング希望の方はまずは医師の診察を受けてください。

一覧へ戻る